So-net無料ブログ作成

ゲンゲン、体調を崩す [猫の日記]

こんな記事を書くべきかどうか迷ったのですが、
記事にしたいと思います。

ゲンゲンが糖尿病と診断されてからはや5年。

ゲンゲンも15歳になりました。

マイちゃんは16歳です。

亡き父猫のぼすっちは糖尿病で10歳で亡くなりました。
病気が発覚したのはその二年前からなので8歳からずっと
闘病生活でした。

8月に入ってからずっとゲンゲンの体調が思わしく無かったのです。

でも、今までも
夏の暑い日は涼しい場所を探し、氷水を浮かべ暑さを凌ぎ、
冬の寒い時期は鼻水を垂らしながらも母の手厚い看病で
なんとか持ちこたえて来ました。

足が少し不自由になった近年でも、一人で玄関の階段を昇り降り出来たり、
また天気がいい日は散歩したりと過ごしておりました。

ゲンゲンが急にご飯を食べなくなりました。

オシッコも出ません。

水を飲みたがるので氷を浮かべてみたり、以前好きだったご飯を
買ってみたりしましたが、まったく食べません。

その内に、マイちゃんまでもご飯を食べなくなりました。

ゲンゲンがとても悲しそうな声で母を呼びます。

一目散に駆けつけるのがマイちゃんです。

マイちゃんもオシッコをしなくなりました。


このままでは二匹とも逝ってしまう。

焦った私は母を説得し、病院へ連れて行きました。

母はこんなになるまで病院へ連れて行かない事を先生に叱られるかもしれない。
まるで虐待しているようなので行きたがら無かったのですが、
そんな事は今はどうでもいいのです。

ゲンゲンもマイちゃんも生きて欲しいのです。

息子猫の体調が思わしくないと母猫まで心配するあまり
ご飯も喉を通らない事になるなんて思わなかったです。

P8110040.jpg

ゲンゲンも苦しそうでうつむき加減です。

P8110033.jpg

マイちゃんもどんよりした表情で車に乗っています。

検査の結果、重度の電解質異常による腎不全に糖尿病です。

低カリウムにより、一歩手前の心肺停止の状態との事。

糖尿病の治療をする前にカリウムの数値を正常に戻さないとご飯が
食べれないとの事なのですぐ注射する事になりました。

すぐ体調は良くなりました。

しかし、ゲンゲンの左足がまったく動かなくなりました。

もう大好きな散歩が出来ません。
排泄も一人では出来ません。
オムツをする事になりました。

ペット用を購入しましたがサイズが合わなく、人間の赤ちゃん用のオムツを購入し、
尻尾の部分を切り抜いて使用することにしました。

P8190064.jpg

その時、ぼすっちも同じだった事を思い出しました。

ゲンゲン「大丈夫、おいらまだまだ大好きなママさんと一緒にいるよ」
P8190065.jpg

不思議な事にゲンゲンの体調が良くなると、ご飯を食べなかったマイちゃんも
ご飯を食べるようになりました。

P8190079.jpg

ゲンゲン「おいら、オムツの姿を見せるのは恥ずかしいのであんまり見せないね」

つたない記事でお目を汚して申し訳ございません。
決してゲンゲンを蔑ろにしているわけではありません。
私達はゲンゲンもマイちゃんも大事で、大事だからこそ
あまり苦しい思いをさせたくないのです。
天寿を安らかに全うして欲しいと思っております。
賛否両論あるかと思います。
今はこれが精一杯です。




nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 16

iharaja

ゲンゲンくんもマイちゃんも、
病院に行って少し体調が良くなったのですね。
ちょっと安心しました。

ゲンゲンくん、つい先日散歩の写真を拝見した気がするので驚きました。
マイちゃんもずっと親子一緒だから、きっと何かが伝わったのね。
親子の深い愛情を垣間見た気がしました。

ゲンゲンくんは糖尿病と知ってはいても、
ずっと雄姿を見せてくれているものね。
私は乗り切ってくれると信じているよ。
ひとりで散歩するのは、
もう我慢してもらわないといけないけれど、
「行きたいにゃ~」って言えば、花咲く庭に、
きっとgenzoさんが連れ出しくれると思うなぁ(ね、genzoさん)
だから、ゆっくり養生してね。
マイちゃんもそばにいてくれるからね。

ガーゼのマフラーをする頃には、
マイちゃんもゲンゲンくんも体調が戻っていますように。
お祈りしています。

by iharaja (2008-08-19 15:10) 

マイキー

genzoさん、こんにちは♪
ゲンゲンちゃん、糖尿病だったんですね、食事もとれず、おしっこも行けないっていうと、かなり重症ですね、オシッコいけないと、尿毒症と言う病気の心配もありますし、人でも、糖尿病とオシッコが行けないのは怖いですからね。
マイちゃんも、食欲なかったんですね、お母さんの言ゲンちゃんが心配で、ご飯喉に通らなかったんですね、親子愛と言うものですね。
病院は行けれて正解だったと思います、ゲンゲンちゃん注射で足が動かなくなったけど、食欲でて元気になって良かったです。
オムツ姿の、ゲンゲンちゃんも可愛いですよ。
驚いたのは、ゲンゲンちゃんとマイちゃんのお年です、かなり高齢なんですね、ここまで来たら長生きして欲しいですね。
genzoさんも、お母様も出来るだけ側にいてあげて下さいね、それと、ゲンゲンちゃんのおきにりの物は近くにおいて置いてあげて、リラックスできる環境を作ってあげてくださいね、ご飯も好きなものを、食べられるものをあげてくださいね。
by マイキー (2008-08-19 18:42) 

umi

genzoさん・・・
ブログアップした後にお伺いしたんですが
このような状況なのに、ラムさんにコメントいただいて
ありがとうございました。
泣けて泣けてしょうがないです。
ゲンゲンくんもマイちゃんも頑張って!
マイちゃんまで心配のあまり体調崩しちゃうなんて
やっぱり親子なんですね。
その親子愛にまた涙です
genzoさんも病院へ行くまではお母様と
ゲンゲンくん、マイちゃんの間で本当に辛かったと思います。
どうかこの治療がうまくいきますように・・・
心の底からお祈りしています
by umi (2008-08-19 22:57) 

三日月星子

genzoさん、お母様、そしてマイちゃんの愛情がいっぱいあふれています。マイちゃんの母性愛には言葉が出ません。そしてその気持ちに応えるように、ゲンゲンちゃんの目に力を感じます。
genzoさんやお母様のお考えは、絶対に間違ってないと思います。
by 三日月星子 (2008-08-20 22:32) 

りりあん

賛否両論は当たり前。考え方は人それぞれ。
でも愛猫を思う気持はみんな一緒。
お母様の気持ち、すごくよくわかります。
どんなに頑張ってもいつか必ず訪れる別れの時は
悲しみと辛さと、そして後悔。
悔いのないように・・・なんて絶対無理(>_<)
でも、いつもいつも愛をいっぱい持って接する、そのことだけは真実。
その愛情はゲンゲン君にもマイちゃんにも、ちゃんと伝わってると思います。
だからゲンゲン君もマイちゃんも頑張ってる♪

by りりあん (2008-08-21 07:37) 

genzo

【iharajaさんへ】

温かいコメントをありがとうございます。
現在ゲンゲンもマイちゃんも体調が落着いております。
本当に散歩を堪能していた日々がついこの間のようです。
現在は足を引きずってトイレに行こうとしますが、足が引っかかって
思うようにトイレに入れません。
でも、まだまだ母の愛情でナデナデして長生きしそうな勢いまで
回復しました。これからも少しづつゲンゲンの有志をお見せしたいと
思います。
by genzo (2008-08-22 20:08) 

genzo

【マイキーさんへ】

温かいコメントをありがとうございます。
ゲンゲンもマイちゃんも人間の年齢にすると結構いいお年です。
でも、通院するとゲンゲンやマイちゃんよりももっと年齢の高い
猫ちゃんがいます。とても綺麗で元気そうに見えますがやはりゲンゲンと同じ病気との事。最近、長生きする猫ちゃんが増えて来ましたね。
マイちゃんもゲンゲンの調子が戻ったらご飯を食べるようになりました。
母猫と息子猫の繋がりって、とても感慨深いものがあります。
私達家族も見ていても、とても微笑ましい関係だと思います。
ゲンゲンの体調は落着きました。とても元気です。


by genzo (2008-08-22 20:16) 

genzo

【umiさんへ】

温かいコメントありがとうございます。
ゲンゲンの体調が八月に入ってからとても悪そうだったので、見守っていたのですが、マイちゃんまでがゲンゲンと一緒にご飯を食べなくなってしまったのです。これには私も母もビックリしました。ゲンゲンが鳴くと、先に駆けつけるのがマイちゃんですし、本当に母猫の愛には頭が下がります。長生きする猫ちゃんが最近多くなって来ました。我が家の猫もずっともっと長生きして欲しいと思います。
大丈夫です、現在はとても落着いて過ごしております。
ご友人の猫ちゃんのラムさんのご冥福をお祈りいたします。きっととてもご家族に愛されて虹の橋を渡ったと思いますよ。
by genzo (2008-08-22 20:20) 

genzo

【星子さんへ】

温かいコメントありがとうございます。
ゲンゲンには沢山のお母さんが付いていますので、大丈夫です。
現在とても体調は落着いていて食欲も戻って来ました。
不思議とご飯を食べるようになるとマイちゃんも普段通りになりました。
トイレは・・・・もうオムツになりましたが、ちゃんとトイレに入る仕草をします。母猫はいつまでも仔猫の事を第一に考えているんだな・・・と15年たっても変わらない愛を確信しました。星子さん、いつも私が嬉しいと感じる言葉をありがとうございます。感謝しております。
by genzo (2008-08-22 20:27) 

genzo

【りりあんさんへ】

温かいコメントありがとうございます。
はい、しみじみそのお言葉を胸に刻んでおります。
母猫の息子猫への愛はとても素晴らしいものです。
ゲンゲンの鳴き声で真っ先に飛んでくるのがマイちゃんです。
息子がご飯を食べないと母猫も食べなくなるなんて、そんな予想外の事を誰が想像出来たでしょうか。正直ビックリしました。
ゲンゲンの横たわっている場所の隣にはマイちゃんが常に待機してます。本当に母猫の愛情には脱帽です。
現在、ゲンゲンも食欲が戻ってきてとても元気です。
りりあんさん、ありがとうございます。
by genzo (2008-08-22 20:34) 

ジェミー

ゲンゲンちゃんも、マイちゃんも、お母様も、そしてgenzoさんも、皆さんそれぞれが精一杯与えられたもののなかで、愛情いっぱいに支えあっていて、こんなことに間違いなんてあるわけがないです。
genzoさん、皆さんゲンゲンちゃんとマイちゃんの本当の様子を知って良かった、と思っておられると思います。
ここで公開したことはきっとgenzoさんのお力になると思います。
ワタシ、春にgenzoさんのお宅でクーちゃんとマイちゃんを見て、このお宅のニャンちゃんはとても幸せそうだな、と思いました。
だから、お母様とgenzoさんのなさってることに間違いはないです。
by ジェミー (2008-08-23 14:14) 

にゃーにゃ

ゲンゲンくん、持ち直してくれたんですね、良かったです。
genzoさんとお母様の愛猫への愛情はちゃんと伝わっていますから大丈夫です。
とりあえず病院へ行ってよかったですね。注射がすぐに効いて体が楽になったんでしょうね。食欲が戻って良かったです。
あとはナデナデが案外効く気がしますよ。うちの猫達をみてても、ナデナデが好きな子は特にそうなのかなって思います。
それにしてもマイちゃんまで食べられなくなっちゃったんですね・・・そういうことがあるんですね。
ゲンゲンくんトイレに入ろうとするんですね、もしトイレに入れれば、おしっこは自分で出来るのですか?
by にゃーにゃ (2008-08-24 14:04) 

genzo

【ジェミーさんへ】

温かいコメントありがとうございます。
ジェミーさんが春に来函した時は、まだまだ元気だったのですが、
急に体調が悪くなりました。
不思議な事にゲンゲンが具合悪そうにしていると母猫も一緒にご飯を食べなくなり、いつも片時を離れない状態で心配している様子なのです。現在はとても落着いています。ただ、足がとても痛そうです。
オムツをする時も痛いと鳴きますが、仕方ありません。
食欲も戻り回復しました。ご心配おかけしまして申し訳ございません。


by genzo (2008-08-26 08:35) 

genzo

【にゃーにゃさんへ】

温かいコメントありがとうございます。
ゲンゲンはオムツをしてても足を引きずりながらちゃんとトイレに入ります。
ただオシッコしたいけれどもトイレが間に合わない時があるので、
今はずっとオムツをしております。
一度油断して日中人がいるからオムツを外して居たときに、これをやられて床やカーペットがとんでもない事になりました(涙)

ゲンゲンの体調が悪くなっている時に、マイちゃんはいつも回りに居ました。そしてゲンゲンがご飯を食べないとマイちゃんもご飯を食べなくなりました。治療後ゲンゲンの体調が良くなってご飯を食べると、不思議な事にマイちゃんもご飯を食べるようになりました。私は動物にも親子愛ってあると思います。ご心配おかけしまして申し訳ございませんでした。



by genzo (2008-08-26 08:46) 

鯉三

genzoさん:
ごぶさたしております。
genzoさんとお母様の考え方は決して同じではないのでしょうが、「苦しませたくない」という思いはきっと同じなのだと思います。どうか、今までどおりにゲンゲンの様子を見守ってあげてください。
マイちゃんにも変化が現れたのですね。実はうちでもそれと似たことがありました。猫たちはわたしたち人間が思っている以上に互いに深い情でつながっているのだと思います。人間だけが感情をもっているというのは、誤った考え方ですね。
by 鯉三 (2008-09-03 22:49) 

genzo

【鯉三さんへ】

いつも悩むのです。
ゲンゲンにきちんと治療を受けさせる為に病院へ連れて行きたいけど、
母との意見が食い違うのでいつも喧嘩になります。
でも、このままにして置くことは出来ないです。
不思議と親子猫の絆は人間が思っている以上に強いと思います。
特にゲンゲンが一声鳴いただけでマイちゃんは何処にいても飛んで来ます。体調が悪いと常にその場所を離れません。ゲンゲンがご飯を食べないとマイちゃんもご飯を食べません。
しかし、マイちゃんがご飯を食べなくてもゲンゲンはご飯を食べます。
母猫の愛は強しです。
もう少し、このまま様子を見ていこうと考えています。
by genzo (2008-09-06 11:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。